スポンサーサイト

  • 2009.08.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サラリーマン年収 今年は軒並みダウン!

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:ニュース
 このスレの読者はまさか会社から貰うサラリー以外に収入が無い人はいないと思いますが、
されど基礎収益で、100万円単位の減収は痛いです。 コラム子も恐らく100万円単位のダウン
です。
 中途半端に収入が増えても、税金で持っていかれるだけとタカを括っても、年収はダウンしても
税金翌年分の所得税・住民税は普通にかかりますので:
 
提供:MONEYzine
 
金融業界の平均年収「軒並みダウン」も本格的な減給はこれから本番という恐怖
 先月末に出そろった主要証券18社の2009年4〜6月期決算では全社が最終損益の黒字を確保
した。しかし平均年収は軒並み下がり、先行きにはなお不透明感が漂っている。

 昨年10月のリーマン・ショックに、真っ先に影響を受けたのが金融業界だ。その後の不況で外資系
企業の一部は日本のマーケットから撤退し、日本企業においても大幅なリストラが進むなど雇用
情勢は悪化した。現在、景気の底がある程度は見えつつあるものの、経営不振の影響は一般社員
の給料にまで及んでおり、金融業界における2008年度の従業員平均年収はほとんどすべての
企業でダウンしている。

 金融業界といえば、テレビ・新聞などの大手マスコミと並び、最も平均年収が高い業界として知られ
ているが昨年比でみると従業員平均年収は、損保の東京海上HDを除いてダウン。とくに、野村HD
は262万円、大和証券グループ本社は326万円と、証券会社の大幅な給与ダウンが目立つ。

 先月末に出そろった主要証券18社の09年4〜6月期決算では全社が最終損益の黒字を確保し、
証券各社の業績には回復の兆しが見られるが、これは株式相場の回復や企業の資金調達の増加
が影響しており、本格的な回復とまではいかない。金融市場の先行きにはなお不透明だ。

 平均年収の表を見てみると、年収に占めるボーナスの比重が高く、かつ業績反映の割合が高いと
推定される企業の年収ダウンが顕著。いわゆる、業績連動型の給与体系にシフトしている企業だ。
そしてそれは、旧来型の給与体系を残す多くの企業のこれからを暗示しているといっていいだろう。

 今夏のボーナスの減額や給与カットなど、一般的な多くの企業での給与ダウンは、今年度からが
本番。年収ダウンはもはや避けられないところまできているわけで、一刻も早い不況からの脱出が
待たれる。
<a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-kaihsa.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-truth.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-physical.seesaa.net/">リンクテキスト</a>

閑話休題 1億円入りマットを過って廃棄、懸命の捜索

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:ニュース
  何でこんな話を紹介するかと言うと、海外では、銀行も政府も信用できない、つまり銀行は
いつデフォルトするか解らず、預金が封鎖される危険性があり、政府は国政を任す能力ない場合
自分で自分の資産を守る事を普通の国民が知っている訳です。 このお母さんのヘソクリの多寡
は別としても、通常は新興国の国民のマネー力はこんなモノです。それに比べると日本国民って
ノー天気だと思います。

 なんでもテルアビブに住む女性が母親に新しいマットレスをプレゼントして驚かせようと、マットを
入れ替え。古いマットはゴミ回収へ。
 ところがこの古いマット、母親が長年貯めた財産約100万ドル(約1億円)を隠してあったという
から、さぁ大変!慌ててゴミ置き場へ走ったものの、無情にもマットは回収車が持ち去った後。
で、今は市内のゴミ集積所で一生懸命100万ドル入りのマットを探してる最中の模様です。

 家族に気付かれる事もなく、良くぞ貯めに貯めた1億円!金利も付かないタンス預金(マット
預金?)で良くぞここまで頑張った!・・・あ、捨てられちゃったら元も子もないですけど。
 下世話な話で恐縮ですが、ここでどうしても気になっちゃうのがこのお宅の資産状況。だって、
何十億とか持ってる大富豪が1億失うのと、平凡な家庭が長いこと節制に節制を重ね、どうにか
こうにか貯めた1億を失うのと、やっぱり違うじゃないですか。

 しかし、そうした資産の多寡を論じるのはやはり野暮、無粋なのかもしれません。1億円入りマット
を捨てられた母親は、次の言葉で娘を励ましたといいます。
 「放っておきなさい。残念だけれど、事故に遭うこともあれば不治の病にかかることだってある
んだから」

 ・・・どちらかというとトホホなニュースだったのに、急にいい話になりました。母さん、貴方は
素晴らしい!お金はもちろん大切ですけど、それに縛られたり振り回されない。お金よりも娘の
気持ち、家族の絆を大切にする!
<a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-kaihsa.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-truth.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-physical.seesaa.net/">リンクテキスト</a>

投資収益目標設定の方法

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
  今般はかなり損失を出している方も多いと思いますが、漠然と損失を取り戻す為に制度信用を
使っても一体いくら取り戻せばよいのか解り難いと思います。
 単純に向こう2ケ月で例えば、2千万円 若しくは2百万円と、目標を設定し少し集中して取引を
すると良いと思います。そしてバカンスシーズンはしっかりポジションクローズして休みを取る。
 
 話は少し変わりますが、東京の西にある高尾山国定公園に、有名な薬王寺の参道に、
「つもり違い十か条」が書かれています。

一  高いつもりで  低いのは  教 養
二  低いつもりで  高いのは  気 位
三  深いつもりで  浅いのは  知 識
四  浅いつもりで  深いのは  欲の皮
五  厚いつもりで  薄いのは  人 情
六  薄いつもりで  厚いのは  面の皮
七  強いつもりで  弱いのは  根 性
八  弱いつもりで  強いのは   我
九  多いつもりで  少ないのは 分 別
十  少ないつもりで 多いのは  無 駄

どれも図星なのですが、ここで「四」に目をつけます。
浅いつもりで 深いのは 欲の皮
更に考え易い様にこの「欲」を物欲と置き換えます。

物に対する欲望というのは人間の存在の根源に触れるほど、深いものだと思います。
デカルトの「われ思う、故にわれ在り」をちょっと改変すると「われ欲す、故にわれ在り」と。

 人間の行動を時にエスカレートさせる要因も、この物欲に根ざしているものがあると思います。
或いは物欲というのは意識と無意識の領野からわきあがるもの。帝国時代に、領土を求めて
戦争を繰り広げたわが人類も、土地という物に対する集団的な欲望である、と理解する事が
できます。

 ここで、本日のテーマである「目標設定」の話に戻すと、収益1百万円とか3千万円と数字を
もって来ますが、具体的なモノに置き換えるとより具体的映像が浮かび上がります。
 分かりやすい、理解しやすい、無意識を刺激しやすい、行動をエスカレートさせやすい。

 例えば目標達成したら、今滅茶苦茶に値を下げているフェラーリを中古で買う。新車は未だ
納車待ちですから。。机の前、手帳にフェラーリの写真を貼っておくとピグマリオン効果にも
なります。

 車というのはちょっとがんばれば手に入れることができます。六本木に敷地200坪だと片手億
になりますから、よっぽど種銭(証拠金)がなければ難しいと思います、不可能ではないでしょうが。



勉強は大切だということが分かる失業率と収入のグラフ

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:ニュース 提供:Garbagenews.com

 子供への教育は最大の投資だと言う事。 

大学を卒業するアメリカ人イメージ先日アメリカの失業率は9.4%と1983年以来の高水準に達したことが報じ
られ(【ブルームバーグ】)、雇用市場の調整がまだまだ続くことを実感させる
こととなった。この失業率について先日巡回先のサイトの一つである
CalculatedRISKで【失業率と教育水準について(Unemployment Rate
and Level of Education)】
という記事が掲載されており、非常に興味深い
内容として読むことができた。今回はその記事を元に、各種データをこちらで
再構築してながめてみることにする。

そのデータの一つは、アメリカ労働局が先日発表した【Education pays ...】というもの。「教育は
人生に恩恵を与える」とでも訳すのだろう。大きく描かれたグラフには、2008年におけるアメリカの
学歴毎の失業率と、週当たりの稼ぎの中央値が描かれていた。

2008年におけるアメリカの失業率・週収中央値(学歴単位、25歳以上)
2008年におけるアメリカの失業率・週収中央値(学歴単位、25歳以上)

 最高学歴の博士学位の失業率が多少上がっているのがクセものだが、概して高学歴ほど失業率
が低く、収入も多いという結果が出ている(上にいくほど高学歴)。博士学位と高卒未満との間では
失業率で4.5倍、収入で4倍近くもの差が出ている。

 元記事ではさらに1992年以降の月ベースの学歴別失業率が掲載されていたが、それをそのまま
べた貼りするのは気が引けるので、こちらでデータを探して再作成することに。まず年ベースの
グラフは【年単位の学歴別失業率データ】で最新のものを探し、後はディレクトリィをさかのぼって
過去のデータを順繰りにピックアップ。結局1996年分のものまでを探し出すことができた。学歴の
区分分けは多少簡略化されているが、概要は十分につかみとれる。

アメリカの学歴別失業率(1996年〜、25歳以上、年ベース)
アメリカの学歴別失業率(1996年〜、25歳以上、年ベース)

 全体的な失業率は【アメリカの失業率の動向をグラフ化してみる】でもグラフ化しているが、前回の
リセッション時期である2001年〜2002年の期間中よりむしろその直後の方が失業率が高い。
そしてどの年でも学歴次第で失業率は大きく変わり、超えられない壁があることが分かる。特に
高卒未満の失業率は高止まりのままだ。

 年ベースのは2008年のまでしかないので、次に月ベースのデータを探してみる。こちらは【最新の
データ】
で過去1年分の月次データが公開されているので、2009年以降の失業率の変移を知ること
ができる。

アメリカの学歴別失業率(2008年5月〜、25歳以上、月ベース)
アメリカの学歴別失業率(2008年5月〜、25歳以上、月ベース)

 どの学歴でもこの1年(特に2008年後半以降)で大幅に失業率が増加していること(学士学位付き
の大学卒ですら2.3%から4.8%へと倍以上)、特に高卒未満の失業率が20%に届かんばかりの
割合で上昇しているのが分かる。全体としては9.4%でも、条件次第ではさらにその上を行く失業率
を記録しているわけだ。

 元記事では締めくくりに「教育(学歴)は大切だ!(Education matters!)」とだけ書かれている。
グラフと数字を見る限り、やはりそれ以上の言葉が見つからない。

子供にかかるお金  #2

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
  教育費が別途かかります。教育費は子供を行かせる学校が公立か私立かで大きく異なります。
AIUの「現在子育て考」2005年版のデータ(前述のお稽古費は教育費に入っています)で見て
みますと、例えば下記のような差が出てきます。(大学は自宅から通学の場合:仕送り等は算入され
ていません)

 幼稚園から大学まで公立(大学は国立)      ・・・  1,345万円
 幼稚園は私立、小中高校は公立、大学は私立(大学は私立文系) 
                                ・・・  1,540万円
 小学校だけ公立、あとは大学まで私立(大学は私立医・歯系)・・ 4,424万円

 前述の養育費とあわせるとマイホームが買える?と思うほどの金額になります。これを見て、
子供をもつことは無理!と思った方、ちょっと待ってください。
 これらはけっして一度に支払うものではありません。22年間という長期間の中で徐々に
かかってくるお金ですので、きちんと計画性をもって準備していけば、そして無理な選択さえしな
ければ誰にでも対処はできるものです。子供は夫婦生活は破綻しても別のモノを与えてくれる
可能性があります。様々な公的援助もあります。

 ちなみに上記データにおいては、私立小学校へ行く進学率は首都圏においても5%弱ということで
ここでは取り扱われていませんでしたが、2001年の同調査によると、公立小学校6年間で約276万
円に対し、私立小学校6年間では約777万円と3倍近い差がありました。

 投資や運用を長期的な視野にたって行うことの必要性をいつもお話ししていますが、特にこのよう
にライフプランが明確になっている場合(しかも途中で放り投げてしまっては困るライフプラン)は、
金融商品の選択も無理や無茶をしないように。
 子供の誕生にあわせて積立を開始する、子供の入学等の時期に満期がくるように債券を購入する
(ゼロクーポン債のようなタイプであれば、購入時の資金は少なくすみます)等現在の生活に大きな
負担がないように、同時に将来困らないように運用に取り組んでいくとよいです。
 <a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-kaihsa.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-truth.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-physical.seesaa.net/">リンクテキスト</a>

子供にかかるお金・・・養育費

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
 コラム子の子供 小学校から私立に行く予定ですが、お教室代も半端じゃない、最低授業料だけ
で月15万円 夏期講習は30万円以上。勿論、往復の交通費や飯代は別。ゆえに少しでも金
稼いで、うまくすれば、子供の教育資金 養育費は投資リターンで出したいと思っている。

 出産〜幼児期までの子供にかかるお金について少し考えました、今後の生活設計もあるので。
特にお金がかかる教育費、養育費等について取り上げたい。子供にどんな教育を受けさせるか、
この差は想像以上に大きなものとなってきます。

 以下で扱う「平均値」は調査対象・エリアによって異なってきます。AIUの「現在子育て考」は
東京都を中心としたデータになっており、金融広報中央委員会の「知るぽると」の「暮らしと金融
なんでもデータ」(http://www.shiruporuto.jp/finance/tokei/stat/pdf/data04.pdf)の
データは全国平均ということで、同様の項目であっても多少の違いがありますので。

 子供にかかる教育費・その他(子供の大学卒業(22歳)まで)。
 親の責任として、義務として、子供を養育・教育していきます。教育費については詳しくは後述
しますが、その他にも当然のことながら食費、被服費、保険医療費、これら以外に理美容費(子供
もちょっと大きくなると美容院や床屋に行きます!)、交際費(お誕生日会、児童会、クリスマス会等
のプレゼント交換その他もろもろ)、お稽古費、お小遣い、そしておもちゃやゲームを含む私的
所有物費!などなど・・・さまざまな、そして結構なお金がかかります。

 まず基本的な養育費ですが、AIUの「現在子育て考」2005年版のデータによると、産まれてから
大学卒業までの22年間をみたとき約1,550万円とあります。その内訳は以下です。
  食費          ・・・ 約671万円
  被服費         ・・・ 約141万円
  保険医療・理美容費   ・・・ 約193万円
  お小遣い費       ・・・ 約451万円
  私的所有物費      ・・・ 約93万円

 こちらに教育費が別途かかります。教育費は子供を行かせる学校が公立か私
立かで大きく異なります。AIUの「現在子育て考」2005年版のデータ(前述
のお稽古費は教育費に入っています)で見てみますと、例えば下記のような差
が出てきます。(大学は自宅から通学の場合:仕送り等は算入されていません)

 幼稚園から大学まで公立(大学は国立)      ・・・  1,345万円
幼稚園は私立、小中高校は公立、大学は私立(大学は私立文系) 
                         ・・・  1,540万円
小学校だけ公立、あとは大学まで私立(大学は私立医・歯系)・・ 4,424万円

 前述の養育費とあわせるとマイホームが買える?と思うほどの金額になりま
すね。これを見て、子供をもつことは無理!と思った方、ちょっと待ってくだ
さい。
 これらはけっして一度に支払うものではありません。22年間という長期間の
中で徐々にかかってくるお金ですので、きちんと計画性をもって準備していけ
ば、そして無理な選択さえしなければ誰にでも対処はできるものです。前回も
書きましたが、様々な公的援助もあります。

 ちなみに上記データにおいては、私立小学校へ行く進学率は首都圏において
も5%弱ということでここでは取り扱われていませんでしたが、2001年の同調
査によると、公立小学校6年間で約276万円に対し、私立小学校6年間では約777
万円と3倍近い差がありました。

 投資や運用を長期的な視野にたって行うことの必要性をいつもお話ししてい
ますが、特にこのようにライフプランが明確になっている場合(しかも途中で
放り投げてしまっては困るライフプラン)は、金融商品の選択も無理や無茶を
しないように気をつけたいものです。
 子供の誕生にあわせて積立を開始する、子供の入学等の時期に満期がくるよ
うに債券を購入する(ゼロクーポン債のようなタイプであれば、購入時の資金
は少なくすみます)等現在の生活に大きな負担がないように、同時に将来困ら
ないように運用に取り組んでいくとよいですね。
<a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-kaihsa.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-truth.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-physical.seesaa.net/">リンクテキスト</a>

世界一高い日本の生命保険

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
   コラム子の一番の失敗投資の一つ、新入社員からかけ続けているこれ!
いまさら40過ぎてからは止められないし、まんまと乗せられた。。 

 おそらく世界一にランキングするのは生命保険の保険料。
 日本の生命保険が高い、ということは何となく理解していたのですが、実際にどれくらい違うの
だろう?ということをきちんと調べたことがなかったので、インターネットの見積もりサイトで
米国・英国の保険料と比べてみました。
 典型的な生命保険、ということで、「30歳・男性・標準体・3千万円・10年定期」を条件に見積
もってみます。
 わが国の場合、多いのが、ひと月の支払いが5,000円〜7,000円のレンジ。10年ごとに更新し
(保険料は更新時に上がります)、累計30年間加入し続けた場合、払込総額は450万〜470万円
程度になります。ちなみに、ライフネット生命はひと月の支払いが3,484円で払込総額は約335万
円です。

 これに対して米国の場合、喫煙者か否かと、血圧・コレステロールなどの健康状態によって、
保険料は大きく変わってきます。一番保険料が高い「喫煙・標準体」でも、日本の下限に近い月
49ドル(保険金30万ドルに対するドル建ての保険料なので、比較する際には4,900円と考えて
いいです)。

 これが非喫煙者であると半額近くなり、もっとも安い「非喫煙・優良体」であれば、13ドル!
すなわち、日本の標準的な保険料水準の5分の1以下ということになるのです。払込総額で言うと、
わずか80万円程度です。英国でも、ほぼ同水準です。

 なぜ、これほど大きな差が生じるのでしょうか?なぜ同じものを買うのに、(健康でたばこを
吸わない)日本人は300〜400万円も高い値段を払っているのでしょうか?理由は二つ考えられ
ます。

 ひとつは、わが国では(ライフネットを含めて)、喫煙・非喫煙という区別を設けていない、ないしは
積極的に売っていない会社がほとんどであることです。売上が半分に減ってしまうわけですから、
できれば「高値」の標準商品を売り続けるインセンティブが、保険会社にはあります。

 もうひとつは、何度か触れていますが、わが国の高い付加保険料(手数料)です。欧米では
コストが高い保険会社の専属セールスは富裕層にある程度フォーカスしており、それほど利益が
取れないミドルマーケットは複数の保険会社商品を扱うブローカーや銀行に任せているのが普通で
す。だから、契約を1件取るのにかかる手数料も低いわけです。
 (なお、日本の場合は超低金利であるという事情もありますが、定期保険においては貯蓄性の
ウェイトがほとんどないため、金利の影響は小さいと考えてよいです。)

 さまざまな商品の価格が国際的に収斂していっている現代の世の中において、5倍もの格差が
生じている商品は、他にはにわかに思いつきません。このような情報が広く知られ、少しずつ
私たちが意思表示をしていかない限りは、日本の保険料の「世界一」という、喜べない実態は
変わらないように思います。


持家か賃貸か マイホームは持つべきか?!

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
 結論は結局 見栄と満足度につきます、投資物件とは違いますから。
だけど良く考えて。。。 普通のヒトの生涯賃金の2-3割を占める投資ですから。

 持家か賃貸か、よく議論されますが、結局のところ正解なし。何を物差しに、何を優先するか
でその選択は様々。
 よく経済的な負担度を比較することが多いのですが、それも景気サイクルに伴う住宅価格の
変動等によってシミュレーション値は大幅に変わってきますから、価格の大きいものだけに
予想することは難しいですが、長期的に見ればまず間違いなく下がり相場を形成する筈です。

 住宅購入は現金で購入できる方は少数派で、通常は今後の収入をベースに住宅ローンを
組むもの。その「今後の収入」は雇用の安定と収入の定期的な伸びが前提となっているのが
普通。 その前提条件が崩れてしまうと、当然住宅ローンが払えなくなり住宅を手放さなくては
ならなくなる、住宅価格が下落している場合、借金だけが残ってしまうという非常に厳しい事態
となります。
 これがまさにアメリカで問題となっている住宅事情です。もちろんアメリカの場合は「雇用の
安定と収入の定期的な伸び」をみる審査基準が日本よりずっと甘い「サブプライム・ローン」の
焦げ付きが発端です。とはいえ、現在の日本は終身雇用でも年功序列でもなくなってきて
いますし、残業代やボーナスの大幅減少により手取り収入が減少している人が確実に増え
ています。雇用についても派遣問題や内定切りなど問題がたくさん噴出してきていますので、
アメリカの住宅事情はけっして人事ではありません。

 では賃貸であれば、こうした事態に直面しなくて済むかといえば、そうとは限りません。
家賃は値下げされないのに収入が減少してしまうという事態になれば払いきれない、つまり
「出ていかなければならない」という状況は一緒です。この場合、手元に借金が残らないだけ
賃貸の方が優位かもしれません。
 ほかにも経済的な点からいえば、現在のように住宅価格が下落すると、アメリカでもすでに
見られるようですが、かなり割安に売りに出された好条件の住宅を手に入れられる人もいます。
住宅(土地)価格も相場ものですので、割安に購入できれば満足度も高いものになるでしょう。

 逆に安値時期に賃貸にすると値上りしてきたときに家賃値上げをされてしまい、結局払い
きれずに出ていかなければならない状況となる可能性もあります。となれば、時期によって
「購入」が優位になってくる場合もあるわけです。

 持家か賃貸かは経済的事情以外にライフスタイルの変化の影響が実はかなり大きいものです。
家族が増えたため手狭になった、転職をして通勤が不便になった、遠方に転勤になったなど当初
予想していなかった事態になったとき、賃貸の方が柔軟に対応しやすいでしょう。
 ただ、ライフスタイルにあわせて「買い替え」をしていくことを好む人もいます。自分の家であること
にこだわりがある人は購入派となることが多いでしょう。前述のように割安に条件の良い住宅に
出合えれば、その満足度はより高まることになります。
 
 持家 or 賃貸 は、双方の長所・短所についてよく調べた上で、最終的には自分にとって
どちらが満足度の高いかが決め手です。


長期運用 #4

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
  それは、如何に「良い銘柄」を発掘し、購入しても、全体相場が下落する中では一般に
マーケットに引きずられて下落し、本来の「銘柄の良さ」を活かすことができなくなるかも
しれないということを意味します。ということは「バイ&ホールド戦略のまま」では、自分の
資産価値を増加させることはおろか、保全すらできなくなる可能性さえあります。
長期にわたって一本調子で右肩上がりに上昇するような成長国であればいざ知らず、
日本の様に成熟しきった国で資産形成を行う場合には、臨機応変な対応が必要であり、
特に「相場が下落する」と予想される時には、マーケットの変動に対して「中立
(ニュートラル)」にしておいて、本来の銘柄の「良さ」の部分だけで勝負をするという
戦略なども考える必要があることを意味します。とはいえ、そのような戦略を組むには、
どうしても「先物・オプションの知識」が欠かせないものになってしまいます。

現状、日本では小泉・竹中政権によって金融の自由化・規制緩和が急速に進み、
90年代に比べて飛躍的に先物・オプションが使いやすい状態になっていることから、
個人投資家でも少額でいろいろなことができるようになっています。それだけに、逆説の様に
感じるかもしれませんが、日本で「長期運用をする」のであれば「銘柄の選定力」に加えて、
先物・オプションを駆使することが、以前よりも重要になり、大切なものになっていると
みています。


長期運用 #3

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
 「新聞」「TV」「ネット」などにおける“株”に関するものは「一切見ない」というのも
一つの方法であり、一般に「塩漬け」といわれる状態にしておくのが、もっともポピュラーな
やり方でコラム子はこの方法を3月中は取っていました。故に、更新もあえてしませんでし
た。
 皆さんも一瞬「あれ やめてしまったんだ」と思われたかもしれませんが、相場から離れたら
損も忘れ、又 少し戻ってから手仕舞いする・しないを考えようという時期になりました。

 いくら何でも「10年先には上がる」では頼りないので。
この様な場合、例えば、先物・オプションなどのデリバティブといわれる商品を駆使し、
「下げ」方向による損失を軽減することが可能になります。やはり勉強し金融商品の知識を
付け、下げ相場でも損失をしっかりヘッジできるポートフォリオを自分自身で(又 自己責任で)
組み上げる必要があります。
 しかも、今後、日本を含めて先進国の株式相場というのは、おそらく超長期の罫線
を引いたとしても「単調な上昇」にはならないと思われます。つまり、「保有し続ける」と
いうだけの戦略では、資産を十分に“増やす”ことはできなくなる可能性があるといえます。

 それは、如何に「良い銘柄」を発掘し、購入しても、全体相場が下落する中では一般に
マーケットに引きずられて下落し、本来の「銘柄の良さ」を活かすことができなくなるかも
しれないということを意味します。ということは「バイ&ホールド戦略のまま」では、自分の
資産価値を増加させることはおろか、保全すらできなくなる可能性さえあります。

 この様に、長期にわたって一本調子で右肩上がりに上昇するような成長国であれば
いざ知らず、日本のように成熟しきった国で資産形成を行う場合には、臨機応変な対応が
必要であり、特に「相場が下落する」と予想される時には、マーケットの変動に対して
「中立(ニュートラル)」にしておいて、本来の銘柄の「良さ」の部分だけで勝負をするという
戦略なども考える必要があることを意味します。とはいえ、そのような戦略を組むには、
どうしても「先物・オプションの知識」が欠かせないものになってしまいます。

 現状、日本では小泉・竹中政権によって金融の自由化・規制緩和が急速に進み、
90年代に比べて飛躍的に先物・オプションが使いやすい状態になっていることから、
個人投資家でも少額でいろいろなことができるようになっています。それだけに、逆説の様に
感じるかもしれませんが、日本で「長期運用をする」のであれば「銘柄の選定力」に加えて、
先物・オプションを駆使することが、以前よりも重要になり、大切なものになっていると
みています。



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM