スポンサーサイト

  • 2009.08.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NOVA大阪地裁に会社更生法適用を申請 社長を解任

スポンサードリンク

2007年10月26日の少し古いニュースですが、
社会的信用の失墜に伴い(信用は簡単に失う!)、公開会社ですらやはり簡単に潰れて
しまうという更なる事件でした。
基本的には、公開会社は、キャッシュフローがショートしそうになっても株券を発行する
事により、キャッシュコレクションは可能ですが、株券・社債を発行しても信用失墜に
よるリスクプレミアムが発生します。
又 解任されたオーナー兼社長の猿橋氏は自社株を70%強持っていたはずですが、最後は
10%台だったそうです。
会社を救うために、保有株を担保に資金を借りたのか、はたまた自分の生き残りの為に
ポケット(海外送金)に入れたかは今後の報道で判明するでしょう。
市場での売却は無い様子なので----。

 経済産業省から長期の新規契約を半年間禁止する業務停止命令を受けた英会話学校最大
手のNOVA(統括本部・大阪市)は26日早朝、大阪地裁に会社更生法の適用を申請
し、保全命令を受けた。3人の取締役が25日深夜に東京都内で臨時取締役会を開き、猿
橋(さはし)望社長(56)を解任して代表取締役に就任した上で手続きを行った。負債
総額は439億円。全国に約900の教室を展開し、生徒数は約40万人。語学学校の破
綻(はたん)としては過去最大となった。


 

ミートホープ社 食肉偽装事件 臨時コラム

スポンサードリンク

コラム子は、このコラムの読者の皆さんが、健全な投資関連知識を
持って貰うために、また自分の勉強の成果を整理するために
毎日書き進めてます。でも結局 株式投資の場合の投資スタンスは
その会社 その経営者が信用に値するかどうかが現玉の投資基準に
なってます。

実は コラム子 ブランド失墜したあるメーカーの再生支援のお手伝い
をしてますし、その支援先、入社以来 付かず離れず継続して
みてました。同時期に食品関連のナショナルブランドも消費期限の
偽装表示で一から出直しをする事件もあり、はたまた上場廃止になる
別の企業(業種は違いますが)も見てます。

ミートホープ社 田中社長の弁明は、立志殿中の創業者としては、
バブル崩壊 牛肉輸入自由化の波を受けた経済状況を理由として
不正に走ったとしか聞こえず、「晩節を汚した」残念な人という
感想と、

記者会見時の長男の取締役の発言に至って、親子間で会見の前に
「何で最初から潔く認める 若しくは 認めない」の打ちあわせも
できていないのか不思議に思いました。
オーナー企業ですから、乳業メーカーの案件も間近に見ている筈
なので、「うそにうそをつく」苦しさ・悲惨さはつらい事を、
よく理解されているはずですが。

年金問題しかり、又 つい先般までの証券会社の粉飾決算の問題も
しかりですが、日本の品格がどんどん薄れている気がします。

企業経営は戦争ですが、此れは完全にルールのある戦争です。
登記した住所の国の法律に準拠しての経済活動を行なうのがルール
ですから、此れは完全に違法ですが、会社の規模も小さいが故、
他に不正を行なっているのに、発覚していない他の品格の無い会社
への見せしめとして、静かに退場させられるでしょう。

今般の従業員の解雇予告については、予測ですが、ミートホープ社
が清算 若しくは 再生(民事になるかどうかは解りませんが)と
なる場合は、スポンサー企業次第では、再雇用はありうるので
未だ救いがあると思います。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM