スポンサーサイト

  • 2009.08.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やはりトヨタがすべてを占う

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資
  自動車セクターについては、日本のメーカーに覇権があるので、
行く末を占うのは、トヨタの動きが重要なファクターになります。
(本音として、他の業界と比べ、分析はトヨタのお陰で楽です。)
トヨタが早期に社長人事を発表したのは周知の事と思います。
(6月株主総会以降:張会長  渡辺副会長  豊田社長)

1.豊田社長の実質の指南役は張会長
2.今般の社長人事は、豊田名誉会長の「鶴の一声」で決まった経緯あり、
   役員には「社長就任時期尚早 / 反対」の声もあり、名誉会長の取締役退任と
   引き換えになったとの話しもある。
   役会内の混乱を防ぐ為にも 早めに発表し、早期に販売体制のリストラに入りた
   いとの意向もあったのでは??
3.トヨタは今後 少なくとも国内の販売は苦する、今年限りの問題ではなく、構造的
   な問題もあり、2年は続く。
   -他メーカーは販売体制の再構築は終わっているが、トヨタはこれからで、特に
     有力オーナーの多いトヨタディーラーはトヨタ本社の意向に沿わない処も多く
     出る。 此れはレクサス店舗の運営可否の判断の怨恨も関連する。
   -今後トヨタはダイハツ等の車輌を更にOEMで販売する方針であるが、日産が
    スズキ/三菱からOEMを受けた状況を似た様な状況が展開すると予測する。
     (トヨタMAKEの車を販売せず、売りやすいOEM軽自動車を販売するのが現場)
   -車種が多く、カニバリ防止には、多チャンネル販売網は有効であるも、国内
    専用車が開発・生産できない・でき難くなるとすると、まず販売網の再構築でも体力
    が必要で、国内5,000店舗が同一の販売ラインとなると、テリトリー侵害等、販売
    好調で車種も多く、チャンネル別の展開をしておれば起こらぬ問題、テリトリー侵害
     の問題 がクローズアップされる。
   -現場営業マン同士の競合となると、OEM先のデイーラーも含めライバルとなり、
    値引競争もあるので、常勝トヨタディーラーではなくなる。

=トヨタ、系列販売店で「軽自動車」の販売を始める方針
 子会社であるダイハツの販売店網が手薄な地域を中心に、代理店契約を結ば
 せ、軽自動車の販売で系列店の経営をテコ入れする。詳細は今後詰める。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090123AT1D220FV22012009.html


=トヨタのトップ交代人事、「豊田一族による渡辺更迭という色彩が強い」
 前期に2兆円超の利益をたたき出したトヨタは、今期の上半期(4〜9月)に
 5820億円の営業利益を計上した。それにもかかわらず通期で1500億円の赤字
 ということは、下半期だけで7300億円もの赤字が出ていることを意味する。
 米国や新興国市場の急落に加え、北米の2つの工場の失敗を考えれば、来期の
 赤字幅が1兆円を超える、という見方は不思議ではない。
 渡辺社長と海外販売担当だった浦西徳一元副社長、財務など内部管理面を担
 当する木下光男副社長の3氏を「戦犯」視し、「本来なら市場が立ち上がっ
 てから進出すべきだった」、「(ゼロからすべての部品をつくるタンドラの
 やり方ではなく)もっと他車種の部品を用いてつくるべきだった」などと
 豊田章一郎名誉会長は取材記者たちに漏らしている。
 章男氏が社長内定会見で「現場を大切にしたい」「顧客の声をしっかり聞く」
 と再三強調したのは、すっかり官僚化した渡辺社長ら現経営幹部には
 「米国のバブルに踊らされ、傲慢になってしまったトヨタの体質を抜本的に
 改めることはできない」と考えた結果だろう。
http://www.data-max.co.jp/2009/01/post_4320.html


=◆トヨタ、2009年の世界生産(単体)を前年比2割強減少の650万台程度と想定
 在庫が適正水準を大きく上回っており、販売台数は「700万台程度」と想定。
 国内生産(単体)は、2008年実績見込みより約100万台少ない300万台程度に。
http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2009012502100001.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090126-00000009-yom-bus_all


=トヨタ、北米工場と英国工場で正社員の削減を検討。1000人超の可能性
 トヨタの北米11工場には約2.9万人、英国工場には約5000人の正社員がいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000016-yom-bus_all
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090123AT1D220EN22012009.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000035-mai-bus_all


=トヨタが減産強化、4月の国内生産計画は前年同月より6割程度減少
 月産14.5万〜14.8万台程度で、昨年4月の実績は33.1万台だった。仮に4月の
 水準が1年間続けば約180万台で、トヨタが国内正社員の雇用を維持するため
 のラインとしている300万台を4割も下回る。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090124AT1D2306W23012009.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090124-00000051-yom-bus_all


=トヨタ、国内販売網を再編へ
 各販社の事情を考慮しながら、異なる系列の店舗同士の統廃合を促す方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000032-yom-bus_all

<a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>
<a href="http://fag-kaisha.seesaa.net/">リンクテキスト</a>

自動車関連銘柄48社

スポンサードリンク

JUGEMテーマ:株・投資 
  3日、トヨタグループが追加リストラを発表した。自動車部品最大手のデンソーは、昨年12月末に
約6700人いた期間従業員をこの3月までに約5500人に、豊田自動織機も1760人から780人に
減らす。 
 完成車組立メーカーの関東自動車工業はすでに派遣社員をゼロにしているが、岩手、
静岡の2工場で働く1350人のうち、4月末までに満期を迎える450人との契約を更新しない。
 報道によれば:
 「トヨタ本社の大幅な生産調整の波をモロにかぶった格好です。トヨタ系主要9社が営業赤字に
陥っているので、これでリストラが終わるわけではありません。本社がもう一段の減産に踏み切れ
ば、期間従業員どころか、正社員にメスが入るのも避けられません」(自動車関係者)

 生産ラインの稼働休止も増える一方だ。自動車の基幹部品に強い日立製作所はメーカーから
の受注激減で、2月、3月に国内関連工場の休止日を最大で14日増やす計画だ。さらに、国内外
85カ所ある自動車事業拠点を将来半減する意向だ。また、ブレーキメーカーの日信工業は
工場建設を1年以上延期することを決めた。自動車部品生産はドンドン停止に追い込まれている。

 これは序奏にすぎない、輸出株とも言われる自動車メーカーのドル箱で、1月の米新車販売
台数は27年ぶりの低水準。
「このまま販売不振が続けば、世界トップのトヨタであっても、工場閉鎖、あるいは工場売却という
事態すら覚悟せざるをえない局面が訪れかねません」

 「自動車業界では、工場稼働率が70%であれば利益が出るといわれています。米ビッグスリーの
GMの場合、50%に落ち込んでいるために過去最悪の経営難に陥った。販売が落ち込み稼働率が
下がっていくと抱えきれなくなるのです」
 日本自動車の本当の危機はこれからやってくる。

【要自動車関連企業48社の株価下落率】
◇企業名/特色/株価/08年高値/下落率
◆トヨタ紡織/トヨタ系内装品/694/3,700/▲81.2
◆プレス工業/プレス部品/114/580/▲80.3
◆タカタ/シートベルト/636/3,190/▲80.1
◆オークマ/工作機械/296/1,299/▲77.2
◆OBARA/抵抗溶接機/566/2,400/▲76.4
◆ゼンリン/地図情報/875/3,620/▲75.8
◆エクセディ/クラッチ/940/3,850/▲75.6
◆日本精工/ベアリング/297/1,169/▲74.6
◆アイシン精機/トヨタ系部品/1,223/4,800/▲74.5
◆アルプス電気/電子部品/375/1,450/▲74.1
◆旭テック/ホイール/29/109/▲73.4
◆ショーワ/ショックアブソーバー/278/1,034/▲73.1
◆日信工業/ブレーキ部品/728/2,700/▲73.0
◆東洋ゴム工業/タイヤ/125/443/▲71.8
◆ニフコ/合成樹脂成型品/760/2,680/▲71.6
◆スタンレー電気/ヘッドライト/839/2,890/▲71.0
◆小糸製作所/照明器/476/1,605/▲70.3
◆サンデン/エアコン/170/570/▲70.2
◆ユーシン/キーセット/289/945/▲69.4
◆リケン/ピストンリング/184/585/▲68.5
◆アルパイン/音響・映像機器/589/1,837/▲67.9
◆ミツバ/電装部品/242/742/▲67.4
◆エイチワン/車体骨格部品/382/1,149/▲66.8
◆曙ブレーキ工業/ブレーキ/320/915/▲65.0
◆八千代工業/ホンダ系受託組立/500/1,420/▲64.8
◆デンソー/トヨタ系部品/1,626/4,600/▲64.7
◆富士機工/ステアリング/89/230/▲61.3
◆愛知機械工業/日産系部品/165/426/▲61.3
◆古河電池/バッテリー/656/1,690/▲61.2
◆ケーヒン/ホンダ系部品/753/1,906/▲60.5
◆豊田自動織機/トヨタ系組立/1,809/4,470/▲59.5
◆トピー工業/ホイール/145/350/▲58.6
◆日本スピンドル製造/スピニング加工機/147/346/▲57.5
◆太平洋工業/タイヤバルブ/245/517/▲52.6
◆日本特殊塗料/防音材/260/548/▲52.6
◆横浜ゴム/タイヤ/313/658/▲52.4
◆ブリヂストン/タイヤ/1,100/2,170/▲49.3
◆鬼怒川ゴム工業/ゴム用品/150/293/▲48.8
◆関東自動車工業/トヨタ系組立/779/1,515/▲48.6
◆トヨタ車体/トヨタ系組立/1,133/2,200/▲48.5
◆住友ゴム工業/タイヤ/554/1,054/▲47.
◆シロキ工業/シート、ドア部品/184/342/▲46.2/
◆中央発条/ばね・ケーブル/245/454/▲46.0
◆日産車体/日産車受託生産/548/948/▲42.2
◆双葉電子工業/自動車計器類/1,267/2,165/▲41.5
◆国産電機/日立系部品/183/300/▲39.0
◆GSユアサ/鉛蓄電池/453/630/▲28.1
◆カーメイト/用品卸売/394/510/▲22.7
※「株価」は09年2月上旬の終値
<a href="http://fag-marketing.seesaa.net/">リンクテキスト</a>


8月の貿易統計 26年振りの赤字

スポンサードリンク

昨年から始まったサブプライム発の経済パラダイムシフトは予想以
上に影響があります。こんな東洋の今や落ち目の国の貿易統計にも
影響を及ぼすとは思いませんでした。しかも、唯一残された自動車
産業分野でのこの響きは結構、奥深い意味を持ちます。

=財務省の8月の貿易統計、貿易赤字3240億円。1月以外では26年ぶり
 の赤字に。輸出額は前年同月比0.3%増の7兆559億円、輸入額は
 17.3%増の7兆3799億円。原油輸入額が前年8月より64.3%増の1兆
 8696億円と過去最高に。米国向け輸出額が21.8%減の1兆872億円と
 12か月連続で減少した。米国向け自動車輸出が約3割落ち込むなど、
 減少幅は過去最大。対米黒字は前年比48.2%減少。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000019-yom-bus_all
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080925NTE2IFK01222092008.html
http://business.nikkeibp.co.jp/article/reuters/20080925/171581/

=名古屋税関の8月の管内貿易概況、自動車不振で輸出が6年8カ月ぶり
 2ケタ減。輸出額は前年同月比10.8%減の1兆5495億円。 自動車の
 輸出は12.8%減の5361億円。うち、米国向けは25.7%減。欧州連合
 (EU)向けも34.8%減に。輸入額は16.2%増の9312億円。原油の輸入
 は約2倍の2448億円に。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080925/biz0809251222009-n1.htm

リンクテキスト
リンクテキスト
JUGEMテーマ:ビジネス



渋滞が少ないのは嬉しい反面、

スポンサードリンク

08年1月以降 首都高全線・東京線・神奈川線の渋滞 明らかに
少ない。ガソリン税の暫定税率が消滅した4月に一時的に増加した気
もするが、5-6月と連続して減少している。但し、環八は今日も込んで
いたし、珍しく本日は昼間は霞ヶ関方面が渋滞していた。
 渋滞解消の原因は、言うまでもなくガソリン価格の高騰による車の
乗り控えだろう。ただ置いておいても金利の付く商品ではないので、
乗り控える位なら、コラム子は処分する。現に複数所有しているが、
仲間内に譲っている。

 実感として6月以降は、首都高を走っていても渋滞に巻き込まれる
回数が急速に減少した。時間帯に関係なく、常にスムーズに流れて
いる。
 車に乗る機会が減れば、当然 必然で車を持たなくてはいけない
人以外、維持する必要性も低下する。

 トヨタ自動車が09年3月期の販売計画を下方修正すると発表した
が、私用・商用での車離れは、車自体の販売にも今後大きく影響して
くる。自動車会社、部品会社、そしてカーナビ、駐車場運営会社等、車
に関連する会社にとって、つらい時代に入る。若しくは少し原油相場
下がって持ちこたえるかのがまん比べの状態。

 マンション等の集合住宅では、住民が車を共有し、皆で利用するカーシェア
リングを取り入れるところもある。この他に、必要な時だけに乗る為の
レンタカー業者にとっては追い風となるかも知れぬ相場感だ。

 いずれにせよ、ガソリン価格の高騰が続く限り、車離れは今後も進行
するだろう。
 渋滞のない首都高は実に快適だが、テレビラジオの交通情報も心なしか
あっさりしてきた。
リンクテキスト
JUGEMテーマ:株・投資



話題沸騰のEV

スポンサードリンク

EV 及びその素材のたるリチウムイオン電池素材関連メーカーの
話題が新聞他を賑わせない日が無いという程 ブームです。
 こういう時こそ早めに研究して、目先の乱高下を気にせず、3年は保有するつもり
で銘柄を探してください。経験上、こういうモノは化けます!!!
(コラム子のポジションは過去ログを参照してください。)
 スバルが軽自動車1ボックスで早めに市場投入できれば結構売れます。
先行しているといわれる三菱もセダンタイプのみでは 又 いきなり追い越され
ますね:

=メルセデスベンツは7年内に石油で動く自動車を全廃する計画。英
The Sun紙 最終的には石油燃料が枯渇してしまうため、代替燃料車の
開発を急ぐ。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080627_mercedes/
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/motors/phil_lanning/article1314732.ece

=富士重工、電気自動車「スバル プラグイン ステラ コンセプト」を
試作 市販化を視野に入れた電気自動車のコンセプトモデルで、
洞爺湖サミットに参加する関係者の移動用として4台、会期中に国際
メディアセンターに設置される環境ショーケースで試乗用として1台、
提供する予定。
 加えて、もう1台を日本郵政グループの郵便事業株式会社に提供し、
サミッ ト期間中の洞爺湖エリアでの郵便物の集荷配達などへの活用
を計画する。
 会議会場のザ・ウィンザーホテル洞爺と国際メディアセンターの
郵便、 ゆうパックが対象となる模様。
 これまで開発してきたスバル R1eのEVシステムを「スバル ステラ」
に移植するとともに最適化を施し、ベース車の優れたパッケージング
や高いユーティリティを活かして、乗車定員を4人に増やした。今後、
市販化を検討している電気自動車の量産モデルは、「ステラ」を
ベースとする予定。
 電気自動車の量産化に際して「より幅広いニーズに対応する」との
観点から検討した結果、ステラをベース車に選んだという。搭載する
リチウムイオン電池は家庭用電源では8時間で充電、1回で80km走る。
http://www.fhi.co.jp/news/08_04_06/08_06_27.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000170-jij-biz
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200806280032a.nwc
http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2008062802000047.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080627AT2C2701327062008.html

JUGEMテーマ:ビジネス



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM